愛は地球を救う?作業着 バートル 防寒 ジャケット 7210はあなたを救うよ♪

TOP > 【防寒特集】「 BURTLE バートル 」サーモトロン・RadiPoka(ラジポカ)軽量中綿防寒ジャケット/ 7210 /【2018 WEX 秋冬 防寒 作業服】* 防寒作業着 防寒着 防寒作業服 作業着 作業服 *

【防寒特集】「 BURTLE バートル 」サーモトロン・RadiPoka(ラジポカ)軽量中綿防寒ジャケット/ 7210 /【2018 WEX 秋冬 防寒 作業服】* 防寒作業着 防寒着 防寒作業服 作業着 作業服 *

→お揃いのパンツはコチラ →品切れ寸前、軽防寒モデル 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■首元の防寒にはコチラがおススメ!ハイネックタイプ■ 【お手持ちの防寒服をアップグレード!】 →■クルーネック(丸首)タイプはコチラ■【ページ製作者が語る商品の魅力!!】 今年(2013年冬)のBURTLEさんの新商品、ドレも凄い人気ですよね。

当店も「無ければ作る」をコンセプトに次々とオリジナル化を進めているお店ですので、こういう先進的なデザインを繰り出すBURTLEさんを尊敬しています。

「作業着は作業着、カジュアルでも無ければアパレルでもない、BURTLEはあくまで”作業着のカッコよさ”を目指す」という開発コンセプトが、結果全国多くのお客様の厚い支持とファンを獲得し続けている要因だと思います。

BURTLEさんの新商品って決して「作業服以上」のモノを作らないんです。

「必要以上にタイト」とか「柄つきのカラバリ」、「作業服とは思えない高額価格設定」などの作業服としてあってはならない仕様は決して企画として上げなのがBURTLEさんの強みです。

そして!今回ご紹介する商品もまさに「BURTLEイズム」が凝縮した逸品です!今まで当店で販売されていたBURTLEさんの製品はいわば「軽防寒(適応気温15度〜5度)」前後の、まさに今時期着用するにはピッタリの商品ですが、今回ご紹介するのは「極寒冷地用防寒作業服」といって、どちらかというと冬の寒さが厳しい地域(適応気温:10度〜-5度)前後の屋外作業に適したモデルです!! この極寒冷地仕様の防寒服って実はメーカーさんとしても「そんなに作らない」んです。

だって、日本全国そんなに寒いところってそんなに無いですからね。

必要最小限の数しか作らないので、どのメーカーさんも大体12月くらいで大方無くなってしまいます。

実は、今回ご紹介するこの商品も元々は「4色」あって、当店ではその全てを取り扱う予定でおりましたが、BURTLEさんの人気は凄まじく当店が在庫を確保する頃には既に在庫が無くなっていた(泣)という事情があります。

【そりゃ、無くわな!BURTLEさん新商品#7210防寒服の凄いところ!!】 ■軽量・防風・保温設計・・・見た目重たそうな雰囲気を醸し出していますが、これが持ってみると意外!軽い!んです。

ポリエステル100%の生地で触った感じもサラサラした風合いで、重さはLサイズで810g!!とこのクラスではトップクラスの軽さを実現しています。

また、生地の裏からポリウレタンコーティングといって防水膜を生地の裏に貼り付けているので、生地を通しての浸水はなくなりました!ただし、縫い目の防水保護は行っておりませんので、「完全防水」と呼べない点はご了承ください。

このポリウレタン膜、実は防水性のほかに「防風性」という特性も持ち合わせているため、「生活防水(一般生活上で発生する水がかかる程度の防水)+防風」、両面の特性を持っています。

■サーモトロン・ラジポカ・・・肌身に接する裏生地にはユニチカさんで作っている「サーモトロン・ラジポカ」を採用しており、裏生地の銀色の部分がまさに「ラジポカ」です。

このサーモトロンの特徴はざっくばらんにいうと「体温と光を原料に暖かさを作り出す」という発熱要素と「作られた暖かを維持」する保温要素、両面を併せ持った業界注目の「防寒繊維」です。

太陽光から吸収された「光」は即座に熱に変換、体温から発する熱は、裏生地から「反射」され再度身体へ戻る「ふく射熱」を応用し、ダブルで保温します。

まぁ、正直、繊維のアップ写真を見てもよく分かりませんので、簡単にいうと「最先端素材で、科学的に蓄熱・保温・維持する凄い素材」だという事を認識いただけましたら幸いです。

■静電気防止で「パチパチ防止」・・・防寒服の大敵といえば「脱ぎ着の際のパチパチ」です。

寒ければ寒いほど、乾燥していれば乾燥しているほどパチパチが発生するという、夏場のじめじめ同様、冬場のもっとも「嫌われるポイント」ですよね。

当モデルは裏生地に「サーモトロン・ラジポカ」を採用すると同時(一緒)に、静電気防止のメガーナを採用してるので、脱ぎ着の際もパチパチは軽減されています。

(パチパチが絶滅するわけではありません・・・) ■スマートデザイン・・・極寒冷地仕様の重防寒着なのに、どこかスッキリして見えるのは、フード周り(首周り)のもたつきは解消されています。

フードはジッパーで固定されていますが、通常の防寒服であればフードの淵と、襟の淵が首もとのあたりでゴチャつくんですが、このモデルではそれがスッキリ。

ですから、スマートに見えているんです。

襟の淵に小さなポケットがあり、そこにフードの淵がすっぱりと挿入、フードエンドが襟の一部になってしまうんですね!!そしてワザアリポイントなのがフードの接面されているパイピングがネオングリーンなのが非常に良いアクセントになっています。

■襟裏にはブロック・フリース採用・・・常に顔に接地する「襟裏素材」は、常に触れていても心地いい「ブロックフリース」を採用。

ポコポコした風合いが、肌に触れていてもさわやかな上、全くストレスに感じません。

どうです?これぞ、「絶対に作業服の粋を脱しない、BURTLEイズムの結晶」だと思います。

BURTLEさんはず〜っと前から作業服を作り続けているメーカーさん。

日本のワーカーさんを昭和から支え続けてきた老舗の作業服メーカーさんは平成の世になっても「決してカッコだけに捉われない」「決して作業服価格を逸しない」、その上で時代を反映したデザインを落とし込むこのモノづくりの技術は本当に凄いな〜って、販売店である当店も感動しちゃうくらいですから、それを買うお客様はもっと感動しちゃうのも無理はないと思います。

最後に、今日手元に届いた商品を実際に私(作者)が着用してみました!!身長:178cm、体重:67kg、ウエスト:82cm、普段着るアウターのサイズ:Lサイズ、シャツのサイズ:Mサイズの私が着用してみたところ・・・上着はインナーシャツ1枚であればLサイズ、パンツはインナー1枚であればLサイズでピッタリ!!でした!!いやぁ、朝の寒い事務所で上下試着したんですが・・・、暑ッい!!ですね・・・。

それでいて重防寒特有の「ズシッ。

」とした重量感がないのが本当に不思議でした!! なにしろ、後発なので他店さんと比べて取り扱いカラーが少なく感じますが、それでも当店は寒さ厳しい北海道のお店!在庫はそれなりに確保しましたよ〜!!是非、重防寒をご希望のお客様は「BURTLEさんのイチオシ商品」なので早めにご検討・ご購入くださいますようお願い申し上げます☆

楽天で購入5,389円(税込み)